PR

産経WEST 産経WEST

赤信号初の週末、大阪の人出は1割程度減少 「昼の人通り変わらず」

その他の写真を見る(1/5枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大で大阪府独自の「大阪モデル」で赤信号が点灯して初の土曜日の5日、府内主要駅周辺の人出が前週比で1割程度減ったことが6日、携帯電話の位置情報を使った調査で分かった。不要不急の外出をできる限り控えるように呼び掛けられているが、減少幅は控えめ。6日も多くの人が行き交い「延期できなかった」「夜は避けて昼に集まった」などの声が聞かれた。

(鈴木俊輔、石川有紀)

 好天に恵まれた6日、大阪・梅田は多くの家族連れや買い物客らでにぎわった。百貨店や商業施設には多くの客が足を運び、人気のたこやき店では昼食時には行列も。梅田駅近くで飲食店を経営する50代男性は「昼間の人通りは(赤信号点灯前と)あまり変わっていない」と明かす。

 梅田駅近くの広場で友人と談笑していた大阪市内の女性会社員(35)は「外出自粛の要請より前からランチの約束をしていた。仕事の都合もあって延期できなかった」。同僚と忘年会を開催したという兵庫県尼崎市の男性会社員(73)は「夜の飲み会は避けて昼間に集まった。感染が増えているが、手洗いなど自分で気を付けるしかない」と話した。

「大阪モデル」で非常事態を示す赤信号が灯った日曜日。大阪駅付近はマスクをした買い物客らの姿が多く見られた=6日午後、大阪市北区(寺口純平撮影)
「大阪モデル」で非常事態を示す赤信号が灯った日曜日。大阪駅付近はマスクをした買い物客らの姿が多く見られた=6日午後、大阪市北区(寺口純平撮影)
その他の写真を見る(2/5枚)

 府内だけでなく、近隣府県でも大阪との往来自粛が呼び掛けられているが、5日の府内の主要駅の滞在人口は前週比で1割程度の減少にとどまった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ