PR

産経WEST 産経WEST

持続化給付金1億円超詐取か 国税OBの元税理士を逮捕 大阪府警 

大阪府警本部
大阪府警本部

 新型コロナウイルス対策で国が個人事業主らに支給する持続化給付金をだまし取ったとして、大阪府警東淀川署などは1日、詐欺容疑で、大阪国税局OBの元税理士、山本愉章(よしあき)容疑者(43)=大阪市東淀川区東中島=ら男2人を逮捕した。

 山本容疑者が顧問を務めていた企業の社員らに対して不正受給の指南や虚偽の書類作成を繰り返していたとみられ、詐取した総額は1億円を超える可能性がある。

 ほかに逮捕されたのは、山本容疑者の税理士事務所(11月に閉鎖)の従業員だった自称経理代行業、今井剛史容疑者(35)=京都府木津川市相楽下井手。同署は2人の認否を明らかにしていない。

 2人の逮捕容疑は6月上旬、共謀し、山本容疑者の顧問先の医療法人に勤める奈良県の20代男性を個人事業主と偽って新型コロナの影響で収入が減ったと申請し、給付金100万円を詐取したとしている。山本容疑者は男性から報酬として20万円を受け取っていた。

 同署によると、2人は山本容疑者の事務所の従業員や顧問先企業の社員らに不正受給を持ち掛け、給付金の申請手続きに必要な身分証の写しなどを送るように指示していたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ