PR

産経WEST 産経WEST

宍粟市の補助金不正受給容疑で元神戸市議ら逮捕 別件でも不正疑惑

兵庫県警本部=神戸市中央区
兵庫県警本部=神戸市中央区

 兵庫県宍粟市から補助金100万円を不正受給したとして、県警捜査2課などは1日、詐欺の疑いで、神戸市須磨区千守町、元神戸市議の村岡龍男(60)と、同区須磨本町、建築業の宝官(ほうがん)豊彦(53)の両容疑者を逮捕した。県警は2人の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は共謀して平成29年6月、宍粟市が起業家支援のために設けた補助金交付制度に、村岡容疑者が代表を務める一般社団法人「ミツマタの郷」(同市)事務所の改修工事費と偽って架空の経費を申請し、市から100万円をだまし取ったとしている。

 村岡容疑者をめぐってはほかにも、自身が事務局長を務めていた「宍粟市雇用創生協議会」で国の委託金を不正受給したとして、兵庫労働局が約3500万円の返還を求めている。同協議会の構成員には市も加わっていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ