PR

産経WEST 産経WEST

「1局2波」 広告外収入も高い比率、ラジオ淘汰の時代のFM802の挑戦

前のニュース

 お薦めの曲を繰り返し流す「ヘビーローテーション」を日本に定着させ、関西では若者から圧倒的な支持を得るFM802(大阪市北区)が、外国語放送のFM COCOLO(ココロ)の事業を譲り受けてから8年がたった。ラジオ局による「1局2波」体制は国内初で、802は若者向けの番組編成に特化、ココロは40歳代以上にすみ分けて、リスナーを増やすことに成功している。広告収入の減少などからラジオ局の淘汰(とうた)も見込まれる今、その運営の秘訣を探った。

(藤原由梨)

年を重ねてリスナーもDJも移籍

〈ひとつのこらず君を 悲しませないものを〉

 11月中旬の午前、ココロの朝の番組「CIAO765」では、昭和59年に発売された大沢誉志幸さんの「そして僕は途方に暮れる」がリクエストされた。次は2014年の世界的ヒット「アップタウン・ファンク」(マーク・ロンソン)。選曲は縦横無尽だ。

イベントなどで配られていたFM802のステッカー。街中での知名度を上げるのにも役立っている=大阪市北区 (安元雄太撮影)
イベントなどで配られていたFM802のステッカー。街中での知名度を上げるのにも役立っている=大阪市北区 (安元雄太撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 DJ、野村雅夫さん(42)は「『そして僕は…』は802ではかからないですが、ココロでは普通に流します」と話す。40歳代以上をターゲットにしつつ、トレンドを意識して懐メロ番組にはしない。

 昨年10月、それまで約10年間出演した802からココロに移った。平成25年に802からココロへ移籍したDJ、ヒロ寺平さんから朝の顔を引き継いだ形で、802の看板DJが年齢を重ね、ココロの顔になる流れは定着。野村さんは「僕は早口の情報詰込み型のしゃべりが好きで、かつてはそれが802のテンポに合っていた。ココロに来てしゃべるスピードを少し落としました」と打ち明ける。1つのメッセージに丁寧に返答することが増えた。「仕事や子育てが忙しく、一度音楽から離れた大人に戻ってきてほしい。その受け皿になれれば」と願う。

FMCOCOLOで朝の顔を務めるDJ野村雅夫さん
FMCOCOLOで朝の顔を務めるDJ野村雅夫さん
その他の写真を見る(2/5枚)

始まりは震災の外国語放送

 ココロは平成7年の阪神大震災で、外国人向けの放送の必要性が指摘されたことから関西経済界の支援で設立された。リーマンショック後、各社の支援が困難になると、22年から番組制作などを株式会社802に委託。24年には事業譲渡が行われ、1局2波体制へ移行した。

その他の写真を見る(3/5枚)

 当時のココロの聴取率調査では、ほとんど聞かれていないことを示す記号「※」ばかりが並んだ状態だった。そこで、802の収益から思い切った制作費を投じ、新しい番組を設け、アートや食など“大人向け”の情報を増やした。

 同社の奥井宏社長は「とんがった選曲が魅力の802を卒業しても、落ち着いた番組を聞かせるココロに移ってもらえる」と強調する。当時、開局から20年以上が過ぎ、リスナーも同じように年を重ねていた802も、若年層の取り込みが課題となり、改革を迫られていた。ココロと世代をすみ分けることで、より若者向けに振り切った番組制作が可能となった。

 現在、ココロの40~59歳の聴取率は2割を超え、2年前には単体で黒字化も達成。売り上げも802の約35億円に対し、ココロが約8億円と大きく伸ばしてきている。長年、テレビ・ラジオの制作に携わった近畿大学の杉浦徹教授(放送論)も「ラジオで若者志向を続けると、高齢リスナーは離れる。対象年齢を広げると、両方離れる。他局は対応を時間帯で工夫するなどしているが、802は企業として2つの放送で対応できる」と補完機能がうまく働いていることを指摘する。

3者に利益の好循環

 ココロの変化を可能にした802の収益は広告料とイベント興行収入が2本柱だ。特徴的なのはイベント収益の比率の高さで、奥井氏は「半分とはいいませんが、他局に比べて高いと思います」と明かす。

「これからも自社制作にこだわる」と話すFM802の奥井宏社長=大阪市北区 (安元雄太撮影)
「これからも自社制作にこだわる」と話すFM802の奥井宏社長=大阪市北区 (安元雄太撮影)
その他の写真を見る(4/5枚)

 例えば開局以来、大阪城ホール(大阪市中央区)や万博記念公園(大阪府吹田市)などで、番組と連動した数万人を動員するライブを定期的に開催してきた。また、アーティストが新譜を出すと商業施設で行う公開収録も収入につながる。商業施設は集客を見込め、アーティストは出演料を得ながら新譜がPRできる。局側は広告収入や協賛金が入る上に、アーティストと信頼関係ができる三者にメリットを生むスキームだ。

 ただ、新型コロナウイルス感染拡大を受け、今年前半のイベントはほぼ中止となった。ラジオ業界は広告収入の減少など大きな打撃も受けている。奥井氏は「今後、ラジオ局の再編は絶対にある。局数自体は変わらないにしろ、運営会社は淘汰されていく」とし、経営合理化のために1社で複数の放送局をもつ動きは加速するとみる。

 今年9月には、外国語放送のインターFM(東京)をFM東京の関連企業が買収。実質的にFM東京の傘下に入った。近畿大の杉浦教授も「ラジオは地域性が重要。例えば府県をまたいで、複数のラジオ局がホールディングスのような組織をつくり、各地域の放送は地域密着を続けるなどの方策がでてくるかもしれない」と予測する。

昨年末に開かれたロックフェスティバル「FM802 RADIO CRAZY」で盛り上がる観客ら=大阪市住之江区のインテックス大阪
昨年末に開かれたロックフェスティバル「FM802 RADIO CRAZY」で盛り上がる観客ら=大阪市住之江区のインテックス大阪
その他の写真を見る(5/5枚)

 奥井氏も802の生き残り策について「ローカル性」だと認識する。802は24時間生放送で、自作の番組にこだわる。オーディションで採用したDJを深夜帯から訓練し、育てていく。「関西ローカルの番組作りを徹底しないと、東京局の放送を(インターネット配信の)radikoで聞いたらいい、となってしまう。そうではなく、関西から東京に発信していく。関西からアーティストを発掘するメディアになる」と力を込めた。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ