PR

産経WEST 産経WEST

食事券の換金持ちかけ詐取 容疑で男を逮捕

大阪府警本部
大阪府警本部

 食事券を高い値段で換金するとだまして購入を持ちかけ、現金や食事券を詐取したとして、大阪府警南署は30日、詐欺容疑で、住所不定、無職の野口尚樹容疑者(22)を逮捕した。「金は受け取ったが、返すつもりで貸してもらった」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は4月、大阪市内や東京都内で、大阪市の20代女性に「金を預けてくれたらネットオークションで食事券を買って換金して、その金を渡す」「自分の知り合いなら高く換金できる」などと嘘の説明をして、現金100万円と食事券約1300枚(販売価格計約70万円)を詐取したとしている。

 同署によると、野口容疑者は女性が働くサービス業の店の客。現金と食事券を渡した後に連絡が取れなくなり、女性が会員制交流サイト(SNS)などで調べたところ、同様の被害を訴える人が複数人いたため同署に相談したという。同署には他にも相談が寄せられているといい、府警が調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ