PR

産経WEST 産経WEST

NHK朝ドラ「エール」関西の視聴率18・1% コロナで中断も奮闘

 27日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」の全120回の平均視聴率が、関西地区で18・1%(関東地区20・1%)だったことが30日、ビデオリサーチの調べで分かった。主人公のモデルで作曲家、古関裕而(こせき・ゆうじ)の作品をコンサート形式で歌い継いだ最終回の平均視聴率は19・0%(同21・8%)だった。

 「エール」は3月末にスタート。新型コロナウイルスの影響で収録が遅れ、放送は6月に第65回までで中断。9月に再開したが、予定より10回少ない全120回に短縮された。

 また、出演者の一人でコメディアンの志村けんさんが、新型コロナウイルスによる肺炎で3月29日に死去。収録済みのシーンはそのまま放送された。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ