PR

産経WEST 産経WEST

ごみの山 世界遺産に傷 仁和寺に不法投棄 急斜面で回収も困難

仁和寺の境内地に捨てられた不法投棄のゴミ=京都市右京区
仁和寺の境内地に捨てられた不法投棄のゴミ=京都市右京区
その他の写真を見る(1/3枚)

 世界遺産・仁和寺(京都市右京区)境内で、家電や家具などの不法投棄が相次いでいる。境内の裏山に大型ごみを捨てに来る人が後を絶たず、急斜面に投げ捨てられていることから回収も困難を極める。寺側は立て看板を立てて注意喚起し、市も夜間パトロールを行っているが、いたちごっこになっているのが現状だ。(南里咲)

 洗濯機、ソファ、テレビ、扇風機…。仁和寺正面の二王門から、歩いて20分ほどにある成就山(じょうじゅさん、標高236メートル)沿いの道路下の斜面には、さまざまなごみが散乱している。「これでも一時期よりは減りました」と、仁和寺管財課の岩崎智大さん(25)がため息交じりにつぶやいた。

 成就山は、四国八十八カ所霊場のミニチュア版「御室成就山八十八カ所」として、四国へ巡拝できない人のために文政10(1827)年ごろにつくられた。約3キロの山道に88カ所の堂があり、四国と同じ本尊と弘法大師をまつる。約2時間で回れ、山頂から市内を一望できることから、多くの参拝者が訪れる場だ。

 神聖な場にもかかわらず、この山は20年以上前から不法投棄のごみがあふれている。人通りが少ない夜間に捨てられているとみられ、岩崎さんは「飛び地で境内から離れているため、寺にごみを捨てている認識がないのかもしれない」と語る。山中は電気が通っていないため、防犯カメラの設置ができず、注意喚起の立て看板が唯一取られている対策だ。

 また、道路から10メートル以上も下の急斜面に投げ捨てられているごみが多く、回収が難しい。ボランティアによる清掃活動も月1回行われているが、作業に危険も伴うため、空き缶など手で拾えるごみに限られる。市も定期的に夜間パトロールを行っているが、改善の兆しは見られない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ