PR

産経WEST 産経WEST

詐欺グループから現金 容疑で弘道会系組長を逮捕

山口組弘道会系の暴力団事務所に家宅捜索に入る捜査員ら=25日午前、神戸市須磨区
山口組弘道会系の暴力団事務所に家宅捜索に入る捜査員ら=25日午前、神戸市須磨区

 詐欺で得た金と知りながら現金10万円を受け取ったとして、大阪府警捜査2課などは25日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)の疑いで、特定抗争指定暴力団山口組の中核組織「弘道会」系組長の余嶋(よじま)学容疑者(54)=神戸市長田区東尻池町=を逮捕した。

 府警はこれまでに、活動実体のない休眠会社を使って大量の商品を仕入れ、代金を払わずに商品を処分して逃げる「取り込み詐欺」を繰り返していたグループのほか、詐取した商品を転売していた男ら計8人を逮捕。グループは、22の業者から家電製品や食品を詐取したとされ、確認されただけで被害額は約8400万円に上るという。

 逮捕容疑は昨年12月、取り込み詐欺で得た金と知りながら、グループのリーダー格である藤田岳弘被告(49)=詐欺罪で起訴=に親族の金融機関口座に10万円を振り込ませ、受け取ったとしている。

 藤田被告は平成29年ごろから大阪で取り込み詐欺を始め、同時期から余嶋容疑者に複数回にわたって詐欺で得た金や詐取した家電製品の一部を渡していたとみられる。

 府警は25日、余嶋容疑者の暴力団事務所を家宅捜索。午前10時ごろに段ボールなどを持った捜査員らが事務所に入った。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ