PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】「オーナー&社長」史上初の体制で優勝争いを…退団ボーアはどこに?

今年の春季キャンプを訪れ、矢野監督と握手する藤原オーナー(甘利慈撮影)
今年の春季キャンプを訪れ、矢野監督と握手する藤原オーナー(甘利慈撮影)

 巨人のボーアが矢野阪神に牙をむく!? 阪神は藤原崇起オーナー(68)=阪神電鉄会長=が12月1日から球団社長を兼務することを正式発表(10月18日アップのコラムで詳報)しました。球団社長が置かれた1960年からオーナーが球団社長を兼務するのは球団史上初めてです。来季が3年契約の最終年で勝負の年の矢野燿大(あきひろ)監督(51)と二人三脚で16年ぶりのリーグ優勝を目指しますが、同オーナーの社長兼務が発表された同日、ジャスティン・ボーア内野手(32)の自由契約も発表されました。17本塁打、45打点に終わったボーアは期待外れの成績でしたが、自由契約公示の当日に獲得調査と思える動きを見せた球団が、まさかの原巨人とは…。近未来に意外な展開が待っているのかもしれません。

度重なるコロナ禍

 タイガースの14人目の球団社長に、歴史上初めてオーナーが兼務する形で就任しました。1960年に戸沢一隆が就任してから長田睦夫、小津正次郎、中埜肇、岡崎義人、見掛道夫、三好一彦、高田順弘、野崎勝義、牧田俊洋、南信男、四藤慶一郎、揚塩健治(敬称略)…と続いて14代目の阪神球団社長には藤原オーナーが球団社長を兼務することになったのです。

 「経済も(コロナ禍の)こういう状況の中で今、各部門ともいろいろ必死でやっている。総合的に考えて私がやることが、今の一番いいやり方かな、というところです」と語った藤原オーナー兼球団社長は今後の球団運営について「まずは現場に行きます。現場の実態が分からないと判断できない。一生懸命話を聞いて肌で感じて考えていきたいですね」と表情を引き締めました。

 藤原オーナーが社長を兼務する裏にはさまざまな事情があります。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ