PR

産経WEST 産経WEST

喫煙所、同僚と車移動…大阪府が感染エピソード分析

 こうした状況を受け、府は5人以上での食事を避け、静かに飲食し、マスク着用を徹底するよう府民に呼びかけている。

 時短や休業要請を避けながらの対策に実効性はあるのか。関西福祉大の勝田吉彰教授(渡航医学)は「自治体がメッセージを出すことで現実に利用客は減っており、一定の効果は期待できる」と見込む。

 重要なのは、その上で一人一人がどう行動するかだ。勝田氏は「私たち利用者の振る舞いで(感染拡大を)防げる部分はある。例えば飲み会では飲酒量や大声に注意を払う『ハンドルキーパー』のような役割の人を置くのも有効だ」と提案する。

 21日からは3連休に入る。勝田氏は「感染者が明らかに増加している以上、不要不急の場所には行かないことが大事。帰省も切羽詰まった場合を除き控えるべきだ」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ