PR

産経WEST 産経WEST

喫煙所、同僚と車移動…大阪府が感染エピソード分析

新型コロナウイルス対策について記者の質問に答える大阪府の吉村洋文知事=11月17日、府庁
新型コロナウイルス対策について記者の質問に答える大阪府の吉村洋文知事=11月17日、府庁

 全国的に新型コロナウイルスの1日当たりの新規感染者の数が過去最多を更新する中、大阪などの都市部は今夏の「第2波」で実施した、酒類を提供する飲食店などへの時短営業や休業要請へ踏み切ることには慎重な姿勢をみせている。「ウィズコロナ」では経済と感染症対策との両立が不可欠なためで、一人一人が感染リスクを考慮し、行動することが肝要だ。

 第3波の到来に際し、大阪府は今月、各保健所から聞き取った情報をもとに、感染が広がった可能性があるエピソードを場面ごとに示した。

 例えば「職場」では、コールセンターや電話営業業務の事務所内で長時間、言葉を発する業務をした▽同僚と同じ車で長時間移動した▽休憩室や喫煙所で会話や物品を貸し借りした-といったケースがあった。これらの事例では「換気が不十分」「マスクを外して会話」などの感染リスクが潜むことが考えられる。

 「飲食」では「自宅で複数の友人と食事会をした」「多人数でバーベキューや鍋パーティーをした」といった場面があった。飲酒をしながら長時間会話したり、食器を使い回したりすれば感染の可能性は高まる。また、「外出、レジャー」でみられた「複数の友人と長時間カラオケをした」「団体旅行に参加して大勢の人と一緒に行動した」なども、同様のリスクをはらんでいる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ