PR

産経WEST 産経WEST

「神」と呼ばれた女、犬猫を悪環境で飼育容疑で逮捕

京都府警本部
京都府警本部

 引き取り手のない多数の犬や猫を劣悪な環境で飼育し餓死させたなどとして、京都府警は19日、動物愛護法違反(殺傷、虐待)容疑で、京都府八幡市男山長沢のパート、増山珠美容疑者(54)を逮捕した。

 増山容疑者は約25年前から、1人暮らしをする自宅の一軒家で、動物愛護団体から引き取った多数の犬猫を飼育し、関係者からは「神様」と呼ばれていた。自宅では6月、約50匹の犬猫の死骸が見つかり、ほとんどが白骨化やミイラ化していたという。

 逮捕容疑は1~6月ごろ、自宅で猫1匹に餌や水を与えずに放置して餓死させたほか、犬や猫の死骸や排泄(はいせつ)物が堆積する中、犬と猫計29匹を飼育したなどとしている。

 動物保護団体が6月、府警に相談して発覚。増山容疑者は「餌と水はやっていた。糞尿(ふんにょう)だらけの場所で飼っていたのは間違いない」と容疑を一部否認しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ