PR

産経WEST 産経WEST

【ビブリオエッセー】大統領暗殺の日、そこにいたのは 「11/22/63(イチイチ/ニイニイ/ロクサン)」スティーヴン・キング著 白石朗訳(文春文庫)

 表題は「1963年11月22日」。米ダラスでケネディ大統領が暗殺された日である。世界を揺るがせた事件を題材に、ホラーの巨匠、スティーヴン・キングが挑んだ大長編とは-。

 少し前のこと、キングの小説をいくつかまとめ買いして、ただひとつ最後まで読んだのがこの作品だ。キングはなにしろ長い。この本も文庫本にして約1400ページ。しかし、読み始めたら止まらなくなった。

 2011年、アメリカの一都市から物語は始まる。高校教師のジェイクは友人、アルに重大な秘密を打ち明けられる。アルが余命いくばくもないこと、そしてアルが経営するダイナーの食品庫の奥に過去へ通じる「穴」があること。穴を抜けると1958年に出た。現在と過去を行き来する時間旅行が可能なのだ。

 そこでアルはジェイクにとんでもない願いを託した。私の代わりに過去へ行き、ケネディ暗殺を食い止めてほしいと。ジェイクは過去へ旅立ち、別の名前で新たな生活を始めた。

 高校教師になり、出会ったのが運命の人、セイディー。中盤は二人のロマンスが長々と綴られるが、一方で後の暗殺犯、リー・ハーヴェイ・オズワルドに近づき、身辺の監視を続ける。

 過去の改変を望まない「時間」があらゆる手を使って行く手を阻もうとする。最終章、二人は大統領を狙うオズワルドの前に立ちはだかった。いまだ謎の多い事件だがキングは1972年から書き始め、長いブランクをおいて書き終えたと、あとがきに書いている。

 私も過去の失敗を取り消せるとしたら戻ってみたいと思う。しかし、この本ではバタフライ効果というタイムパラドックスに言及し、過去を変えることの恐ろしさを指摘している。

 もしケネディ暗殺がなかったら…。今を書き換えることは可能なのか。壮大な物語である。

 奈良県王子町 大倉まりこ 43

      ◇

 【ビブリオ・エッセー募集要項】本に関するエッセーを募集しています。応募作品のなかから、産経新聞スタッフが選定し、月~土曜日の夕刊1面に掲載しています。どうか「あなたの一冊」を教えてください。

 投稿はペンネーム可。600字程度で住所、氏名、年齢と電話番号を明記し、〒556-8661産経新聞「ビブリオエッセー」事務局まで。メールはbiblio@sankei.co.jp。題材となる本は流通している書籍に限り、絵本、漫画も含みます。採用の方のみ連絡、原稿は返却しません。二重投稿はお断りします。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ