PR

産経WEST 産経WEST

海賊版AV公開容疑で逮捕 リーチサイト規制後で初

京都府警本部
京都府警本部

 海賊版サイトの情報をまとめる「リーチサイト」を運営し、アダルトビデオなどを視聴可能にしてインターネット利用者を誘導したとして、京都府警は19日、著作権法違反などの疑いで大阪府大阪狭山市の会社員、内海和幸(47)と京都市伏見区の無職、岩間秀樹(44)の両容疑者を逮捕したと発表した。内海容疑者は「岩間が1人でやった」と容疑を否認し、岩間容疑者は認めているという。

 府警によると、10月1日に改正著作権法のリーチサイト規制が施行されて以降、全国初の逮捕。

 2人の逮捕容疑は共謀し10月9~12日、運営するリーチサイトで別のサイトに違法にアップロードされたアダルトビデオなどを視聴可能にして利用者を誘導し、制作会社の著作権を侵害。昨年11月には、人工知能(AI)を使って画像を合成する技術「ディープフェイク」で、女性芸能人らの顔にすり替えたわいせつ動画を公開し、女性芸能人の名誉を毀損(きそん)したとしている。

 府警によると、2人は知人で、昨年9月にサイトを開設。動画約1100本を公開し、約14万円の広告収入を得ていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ