PR

産経WEST 産経WEST

持続化給付金100万円詐取 容疑で和歌山の男逮捕

 国の新型コロナウイルス対策の持続化給付金100万円を詐取したとして、和歌山県警海南署は12日、詐欺容疑で同県海南市のアルバイト、海部裕介容疑者(28)を逮捕した。容疑を認めているという。

 持続化給付金をめぐっては全国各地で詐欺事件が相次いでいる。県警によると、県内では逮捕は初めてという。

 逮捕容疑は、7月2日、給付対象の個人事業主と偽って申請し、指定口座に給付金を振り込ませたとしている。署によると、7月中旬ごろ、海部容疑者が給付金を不正受給していると匿名の通報があり、捜査していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ