PR

産経WEST 産経WEST

「第3波」飲食店ため息 「夜の街」以外にも広がり

 菅原教授は「第2波では軽症者や無症状の患者が多かったこともあり、新型コロナへの警戒が緩んでいる人も多い。冬は乾燥しやすいことに加え、寒くて換気が怠りがちになる。今一度、家庭や職場で感染リスクが高まる状況が生じていないか確認する必要がある」と指摘する。

 新型コロナの病態解明はまだとはいえ、インフルエンザは例年、年末にかけて増え、1~2月にピークを迎える。菅原教授は「今が重要な局面。手洗いやマスクの着用といったこれまでやってきた基本的な対策を改めて徹底することで、増加傾向を食い止めなければならない」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ