PR

産経WEST 産経WEST

還付金詐欺急増 無人ATMに警察官配置 大阪府警

無人ATM前で特殊詐欺のチラシを配り啓発を行う警察官ら=9日午前、JR高槻駅
無人ATM前で特殊詐欺のチラシを配り啓発を行う警察官ら=9日午前、JR高槻駅

 多発する特殊詐欺被害を未然に防ごうと、大阪府警は9日、大阪府内各地の無人ATM(現金自動預払機)前に警察官を配置する取り組みを始めた。10月以降、医療費や保険料などの還付金詐欺が急増しており、被害の多くは無人ATMの利用者であることから、警戒を強める構えだ。

 府内の今年の還付金詐欺被害は、4月の28件を最多に10~20件程度で推移していたが、10月に入り急増し、同月の被害件数は50件超に上った。

 平成29年6月に府内の全無人ATMで同様の取り組みを行った際は、ATMを通じた送金被害数が直近5カ月間の平均と比べて約10分の1に減少した実績もある。今回はさらなる被害増となる前に、当面の間、警察官を被害の多発が懸念される無人ATM前に集中的に配置し、被害防止を目指す。

 この日は、大阪府高槻市のゆうちょ銀行大阪支店JR高槻駅内出張所で府警高槻署員らが「還付金詐欺に注意」などと書かれたチラシを配り、高齢者らに声をかけて利用状況を確認した。同市の無職、西山友彦さん(80)は「警察官がATM前に立ってくれるとより気を付けようという思いが強まる」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ