PR

産経WEST 産経WEST

「刑事手続きを軽視」護送車から逃走、男に実刑判決 大阪地裁

 大阪府東大阪市で昨年11月、大阪地検の護送車から逃走し、知人にかくまうよう依頼したなどとして、犯人蔵匿教唆などの罪に問われた大植良太郎被告(43)の判決公判が6日、大阪地裁で開かれ、佐藤卓生裁判官は懲役3年6月(求刑懲役4年6月)を言い渡した。

 弁護側は「依頼はしていない」として犯人蔵匿教唆などの罪について無罪を主張したが、判決理由で佐藤裁判官は、大植被告が知人の男(38)にかくまうよう依頼したと認定。逃走については「刑事手続きを軽視した身勝手な犯行。刑事責任を軽く見ることはできない」と指弾した。

 判決によると、大植被告は昨年11月9~10日、知人の男に依頼して大阪市内の民家にかくまわせるなどした。男は被告をかくまった罪で、1審で有罪判決を受けている。

 大植被告は覚醒剤取締法違反罪などに問われ、いったん保釈されたが取り消された。同9日に護送車内で地検の事務官が手錠を外した際に外へ逃げ出し、同11日に身柄を確保された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ