PR

産経WEST 産経WEST

自分で作るベビースターラーメン 大阪・ミナミの新名所に潜入

 「ラーメンをそのまま食べる」というコンセプトから生まれた「ベビースターラーメン」は、昭和34年の発売開始から60年以上たった現在も、新たなファンを獲得し続けるロングセラー商品だ。その“お菓子のスター”をモチーフにしたテーマパーク「リトルおやつタウンNamba」が、大阪・ミナミの商業施設「なんばパークス」(大阪市浪速区)にオープンした。お菓子がテーマパークに? 袋からつまみ出しては、ポリポリかじったあの頃を思い出しながら、さっそく足を運んでみた。(上岡由美)

ここだけの大阪の味も

 おやつタウンは、エスカレーターで7階まで上がったフロアの一画にあった。星柄の帽子をかぶったベビースターのキャラクター「ホシオくん」をあしらった壁が楽しい。昔のキャラクターは中国風の衣装を着た男の子と女の子だったが、いつの間にかポップな若者に成長していた!? 聞けば平成28年にキャラクターの交代があったそうだ。

 新型コロナウイルスの感染予防のため消毒をして園内へ。全高2・5メートルもあるホシオくんのカプセルトイが設置され、大阪ならではのたこ焼き味や南海電鉄の空港特急「ラピート」とコラボしたカレー味など、ここでしか買えない商品がずらりと並ぶ。

 「3世代にわたって食べていただいている感謝の気持ちを形にしたのがこのテーマパーク。大阪に進出するにあたり、立ち寄りやすい場所をと思い、駅直結のなんばパークスを選ばせてもらった」

 こう話すのは、運営会社「おやつタウン」(津市)常務の嶋田亘克さん(46)。実はここ、ベビースターラーメンの製造販売元「おやつカンパニー」(津市)が昨年7月、創業70周年を記念して、自社工場の隣接地に開業したテーマパークの2拠点目にあたる。コロナ禍で開業が2度延期され、当初の7月から3カ月遅れたが、最初の1年間は60万人の来園を見込んでいる。

五つの体験楽しめる

 広さ約1270平方メートルの園内は「作る」「食べる」「遊ぶ」など5つのテーマのエリアで構成されている。見るだけでなく体を動かしたり体験したりできるのが特徴だ。「ホシオくんキッチン」では、オリジナルのベビースター「Myスペシャルベビースター」などを作ることができる。そういえば、ベビースターラーメンってどうやってできたのだろう。

 嶋田さんによると、おやつカンパニーの前身である松田食品はもともとインスタントラーメンを作っていた会社で、即席麺の製造工程で出た切れ端を「もったいない」と味付けして油で揚げ、おやつ替わりに食べたのが始まり。「インスタントラーメンの欠片?」ぐらいに思っていた自分が恥ずかしい。

 ホシオくんキッチンでは、その原点に立ち返れる体験ができる。きれいに手を洗って、用意されたナイロン袋に味のついていないベビースターラーメンを入れる。「ちょっと食べてみませんか」とスタッフにすすめられ、ポリッと一口。からっと揚がっていておせんべいみたいで意外とおいしい。

 これにキャラメルやうめ塩、カルボナーラなど5種類のフレーバーから好みの味を選び、袋の中に振りかけてシェイク。あとはプレートに敷き詰めて専用のオーブンで5分ほど焼き上げたら完成だ。所要時間は約50分。甘いものからおつまみまでいろんな味が作れるのが魅力。ちなみに私が選んだのはバターシュガー味。次回は一番人気のうめ塩味にしよう。

いつでも3時のおやつ気分

 津のおやつタウンでは、アスレチック遊具などが備え付けられているというが、敷地が3分の1ほどの大阪では、ソフト面で勝負。最新のデジタル技術を駆使したアミューズメントエリア「おやつパーク」が子供たちの人気を集めていた。大きな画面に映し出されるお菓子などをキャッチする「おかしなぐらぐら島」など、単純だが、点数を競って大人もつい本気モードに。

 おなかが空いたら「いつでも3時」がコンセプトの「スイーツパーク」へ。約25種類のスイーツやフードを取りそろえるほか、料理のトッピングなどに用いるベビースターの味は商品と少し変えているとか。ラーメンの湯切りをセルフサービスにしたのは子供たちに楽しんでもらうための工夫。季節限定の特別メニューもあってリピーターにはうれしい。

 開業初日は5千人を超える家族連れらでにぎわった。これは当初の集客予想の約4倍。改めてベビースターラーメンの人気を裏付けた。聞けば、津のおやつタウンも、津市中心地からクルマで約30分の距離にも関わらず、昨年7月の開館から40日で年間の集客目標40万人の25%を達成した人気だったという。約半数が関西方面からの客で、「次は関西の親子連れ、若い人に楽しんでもらおう」と、大阪での開業を決めた。嶋田さんは「遊びやお菓子作り体験を通じ、人と人との心の距離を縮められる場所にしたい」と話す。

 そうだ。おやつは人の心にそっと寄り添う癒やしの存在。だから子供の頃に親しんだ味は、大人になっても忘れがたいのかも。見渡せばベビースターラーメンばかりの場所で、そんなことを思った。

 【営業時間】午前11時~午後9時(ラストオーダー午後8時)。入園無料。定休日はなんばパークスに準ずる

 【料金(税別)】ホシオくんキッチン 「My スペシャルベビースター」818円など ▽おやつパーク 30分727円、60分1091円、フリー1364円 ▽スイーツパーク スイーツビュッフェ(平日)大人1480円、子供880円(休日)大人1800円、子供1200円

 【問い合わせ】インフォメーションセンター(0570・082・078)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ