PR

産経WEST 産経WEST

藤井寺の点検強盗 現金受け取った死亡の男を書類送検

大阪府警本部
大阪府警本部

 点検業者を装った男らが大阪府藤井寺市の民家に押し入り、現金などが奪われた事件で、大阪府警捜査1課は5日、奪われたキャッシュカードで引き出された現金を受け取ったとして、窃盗容疑で東京都品川区東品川の無職の男(21)を容疑者死亡のまま書類送検したと発表した。男は事件後に都内のホテルで自殺していた。送検は2日付。

 書類送検容疑は、強盗の実行役の宅見聖也被告(21)=強盗罪などで起訴=らと共謀し、9月10~11日、藤井寺市の女性(85)から奪ったキャッシュカードで引き出された現金計約250万円を、宅見被告らから受け取ったとしている。

 同課によると、男は同月27日、都内のホテルで首をつった状態で死亡しているのが見つかった。男が受け取った現金は仮想通貨に換えられ、別の口座に送金したとみられる。同課は送金を指示した人物がいるとみて金の流れを調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ