PR

産経WEST 産経WEST

尼崎の発砲、負傷の1人は神戸山口組系幹部 抗争か、捜査本部設置

発砲で暴力団組員の男ら2人が負傷した現場=3日午後、兵庫県尼崎市
発砲で暴力団組員の男ら2人が負傷した現場=3日午後、兵庫県尼崎市

 3日午前11時35分ごろ、兵庫県尼崎市稲葉元町のコンビニエンスストア付近の路上で、通行人の女性から「発砲音がした。人が倒れている」と110番があった。兵庫県警によると、暴力団組員の男性ら2人が撃たれて病院に搬送された。いずれも重傷だが、命に別条はない。

 発砲したとみられるのは40代くらいの男2人で、いずれも逃走した。県警は暴力団による抗争事件の可能性が高いとみて、殺人未遂事件として県警尼崎南署に捜査本部を設置。逃げた2人の行方を捜査している。

 県警によると、負傷したのは、特定抗争指定暴力団神戸山口組直系「古川組」の親泊(おやどまり)吉広幹部(61)=同市南武庫之荘=と、暴力団組員とみられる60代くらいの男性。親泊幹部は左手を、男性は両足の太ももを撃たれた。親泊幹部は「2人で歩いているところを呼び止められ、撃たれた」と話した。

 目撃者によると、発砲した2人組は、徒歩で現場から南方向に逃走し、付近に止めてあったワンボックスカーに乗って逃走したという。

 現場はJR立花駅から西へ約1キロの住宅や店舗が立ち並ぶ地域。

 古川組をめぐっては昨年11月にも、同組総裁で神戸山口組の古川恵一幹部=当時(59)=が、尼崎市内で自動小銃で射殺される事件が発生。対立関係にある特定抗争指定暴力団山口組系の元幹部が逮捕された。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ