PR

産経WEST 産経WEST

パナソニック最終利益半減 全事業で減収、テスラ向け電池は光明も

パナソニックの自動車向け事業は赤字基調
パナソニックの自動車向け事業は赤字基調

 パナソニックが29日発表した令和2年9月中間連結決算は売上高が前年同期比20・4%減の3兆591億円、最終利益が51・6%減の488億円だった。新型コロナウイルスの影響などで、家電や住宅関連事業など全部門で減収となった。

 一方、コロナを反映し、空気清浄機や情報通信インフラ向け蓄電システムの売上は増加した。

 収益が課題の自動車向け部門は44億円の営業赤字。通期でも赤字見込みだ。ただ、7~9月期に限定すると初めて黒字化した。自動車の生産回復や米電気自動車(EV)メーカー、テスラ向け電池の生産性向上などが貢献したという。

 パナソニックの梅田博和常務執行役員は決算会見で、テスラの要請に基づき新型リチウムイオン電池の開発に着手したと明らかにした。3年3月期の業績予想は、売上高が前期比13・2%減の6兆5千億円、最終利益は55・7%減の1千億円に据え置いた。

 四半期ベースでは初の営業黒字となったパナソニックの自動車関連事業。米電気自動車(EV)メーカー、テスラからEV用の新型電池の開発要請を受けるなど明るい兆しも見え始めた。数千億円を投資したものの効果が見えなかったテスラとの協業が軌道にのれば、早期の黒字化に弾みがつく。ただ、テスラ自体も新型電池の自社生産を表明し、パナソニックの開発成果がどう位置づけられるか不透明だ。収益改善へ厳しい道のりは続く。

 テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は9月の株主総会で、EV用新型電池の自社生産に乗り出す方針を発表。EVの価格を高めている電池のコストを半減させ、3年以内に今より1万㌦安い2万5千㌦(約260万円)のEVを発売するとした。

 テスラが自社開発すれば、同社に電池を供給する企業への影響は避けられないー。そんな見立てから、パナソニックや韓国LG化学、中国CATLの株価は一時下落した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ