PR

産経WEST 産経WEST

警察署に呼び出す不審電話相次ぐ 奈良で2日間で約50件

 警察官を名乗り「口座から不正な引き出しがあるため、警察署に来てほしい」などという不審電話が22、23日に、奈良県内で約50件相次いだ。奈良県警はキャッシュカードをだまし取る詐欺の電話だとして注意を呼び掛けている。

 同県警生活安全企画課などによると、23日正午ごろ、大和郡山市の女性(79)宅に警察官を名乗る男から「口座から不正な引き出しがある。被害届を出して裁判所に申告すればお金が戻ってくる。今日警察署に来ることはできますか」という電話があった。

 女性が「行けない」と答えると、「再交付手続きのため、先にカードを預かる必要がある」と言われ、自宅を訪れた警察官を装う男にカードを渡した。口座からは50万円以上が引き出されていたという。

 同課によると、22、23日に、同様の電話が奈良市や桜井市、五條市など6市町で約50件あったという。同課は同じグループの犯行とみており、「警察官を名乗る相手でも、個人情報は答えずに一度電話を切り、警察署に確認の電話をしてほしい」と呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ