PR

産経WEST 産経WEST

【動画】ピーチが台湾線で国際線再開 需要回復見据え

 関西国際空港を拠点とする格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは25日、約7カ月ぶりに国際線を再開した。ピーチは新型コロナウイルスの影響で3月20日から国際線全便を運休していた。25日は関西-台北線を運航。関空では海外の航空会社による運航再開が徐々に進んでいるが、国内の航空会社が国際定期便を再開するのは初めてという。

国際線の運行を再開したピーチ・アビエーションの機体に乗り込む乗客と、見送るスタッフら=25日午後、関西国際空港(鳥越瑞絵撮影)
国際線の運行を再開したピーチ・アビエーションの機体に乗り込む乗客と、見送るスタッフら=25日午後、関西国際空港(鳥越瑞絵撮影)

 25日夕方、関空からは15人の旅客を乗せたピーチの台北線が出発。駐機場ではスタッフらが「旅先での感染予防の徹底を」と呼び掛ける横断幕を掲げ、手を振って出発を見送った。

 政府は新型コロナ対策の出入国制限を段階的に緩和し、ビジネス関係者や留学生らに限定して往来を認めている。特に台湾は感染が抑えられていることから、ピーチは今後の旅客需要の回復が比較的早いと判断して就航を再開した。26日からは成田、羽田-台北線も順次運航していく。同社の広報担当者は「国内航空会社の中で、ピーチは最も多く台湾路線を抱えている。この路線から、国際線再開の機運を盛り上げたい」と話した。

 一方、神戸空港でも同日、同空港などを拠点とするスカイマークが神戸-宮古(下地島)線を新規就航させた。同社の佐山展生会長は報道陣に「航空需要回復には時間がかかるが、戻りだすと早い。その時までに(航空便の)供給態勢を維持できる会社がシェアを上げられる」と就航の狙いを語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ