PR

産経WEST 産経WEST

関空上半期の総旅客数95%減 過去最低の87万人

上半期、新型コロナウイルス感染拡大の影響で過去最低の総旅客数を記録した関西国際空港=6月(須谷友郁撮影)
上半期、新型コロナウイルス感染拡大の影響で過去最低の総旅客数を記録した関西国際空港=6月(須谷友郁撮影)

 関西エアポートは23日、関西国際空港の令和2年度上半期(4~9月)の利用状況(速報値)を発表した。国際線と国内線を合わせた総旅客数は前年同期比95%減の87万5667人となり、上半期の数字としては平成6年9月の開港以来、過去最低を記録した。

 新型コロナウイルスの感染拡大で訪日客が減り、国際線の旅客数は99・5%減の5万7834人、このうち外国人は2万9997人だった。国内線は77%減の81万7833人だった。

 また、関空の9月の総旅客数は前年同月比91%減の22万4421人で、2月以降、8カ月連続の減少となった。国内線は前年同月比65%減の21万1011人となり、減少率は8月(63%)からやや拡大した。9月の夏休みの時期が過ぎたことと、新型コロナの影響が長期化したことから、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションや大手の全日本空輸、日本航空で、計画に対する運航率(全国)が8月の70%台から9月は50~60%台に下がっていた。

 関西エアは運営する大阪(伊丹)空港、神戸空港の上半期の利用状況も発表。伊丹の旅客数は74%減の219万5349人。神戸は75%減の42万5507人だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ