PR

産経WEST 産経WEST

公明・山口代表が大阪入り、都構想で維新と合同演説

街頭演説で支持を訴える公明党の山口那津男代表(手前右)、維新の松井一郎代表(同中央)、吉村洋文代表代行(同左)ら=18日、大阪市内(柿平博文撮影)
街頭演説で支持を訴える公明党の山口那津男代表(手前右)、維新の松井一郎代表(同中央)、吉村洋文代表代行(同左)ら=18日、大阪市内(柿平博文撮影)

 11月1日に投開票される大阪都構想の住民投票をめぐり、公明党の山口那津男代表が18日、推進派である大阪維新の会代表の松井一郎・大阪市長らとの合同街頭演説に臨み、「賛成」を呼びかけた。公明は平成27年の前回住民投票で反対派の急先鋒(せんぽう)として活動し、推進派に転じた今も支持者らに反対意見が根強い。知名度が高い山口氏の大阪入りで挙党態勢を打ち出し、理解を広げたい考えだ。

 18日午前11時半ごろ、山口氏が大阪・梅田のJR大阪駅前にとまった党の街宣車に乗り込むと、100人以上の支持者が「なっちゃーん」と歓声を上げた。

 「児童相談所の設置など公明党の提案を維新が全部受け入れてくれた。住民サービスを維持できるなら都構想を前に進める。賛成票を入れてください」。山口氏の訴えに沿道の聴衆からは拍手がわき起こった。

 隣で松井氏や維新代表代行の吉村洋文大阪府知事がしきりにうなずき、3人は終了後、グータッチを交わして「蜜月」ぶりを演出した。国政与党を率いる山口氏が野党の日本維新の会代表でもある松井氏らと並び立つのは異例だ。

 これまで大阪市民の判断を尊重し、前回住民投票や昨年の大阪府知事・大阪市長のダブル選の際に駆けつけなかった山口氏が、てこ入れに動いたのはなぜか。

 都構想反対派だった公明は昨年のダブル選で維新に敗れ、推進派に転じた。しかし協定書の内容が決定しても、新型コロナウイルスの影響で支持者に十分な説明ができず、賛成票を取り込めていないとの危機感がある。

 「9割を賛成にしてほしい」(松井氏)などと維新側の圧力も高まっており、対外的に「本気度」を示す狙いもあるとみられる。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ