PR

産経WEST 産経WEST

明浄学院元理事長、21億円申告漏れ 大阪国税局指摘

 学校法人明浄学院(大阪府熊取町)をめぐる巨額横領事件で、業務上横領の罪に問われた学院元理事長の大橋美枝子被告(62)が大阪国税局の税務調査を受け、違法に得たとされる21億円の申告漏れを指摘されていたことが16日、関係者への取材で分かった。追徴税額は過少申告加算税を含め約11億円で、すでに修正申告したとみられる。

 大阪国税局は違法性のある収入についても、大橋被告の個人所得に当たると判断したとみられる。

 起訴状によると、大橋被告は不動産会社「プレサンスコーポレーション」(大阪市中央区)元社長、山岸忍被告(57)=同罪で起訴=らと共謀。平成29年7月ごろ、学院が運営する高校(同市阿倍野区)の土地の約半分を約32億円でプ社に売却する契約を結び、プ社側から得た手付金21億円を横領したとされる。

 大橋被告は6月に大阪地裁で開かれた初公判で、起訴内容を認めていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ