PR

産経WEST 産経WEST

事務職装い性風俗求人 容疑でメンズエステ経営者追送検

大阪府警本部=大阪市中央区(寺口純平撮影)
大阪府警本部=大阪市中央区(寺口純平撮影)

 大阪府警が大阪市西区のマンション一室で営業していた違法性風俗店を摘発した事件で、大阪府警生活安全特別捜査隊は15日、職業安定法違反(有害業務募集)の疑いで、メンズエステ「隠家(あじと)」経営、永井良知容疑者(47)=兵庫県西宮市上大市=を追送検した。

 追送検容疑は1~7月、実際は性風俗店で働かせるのにインターネットの求人サイトを通じて20~40代の女性3人を雇い、同店で働かせたとしている。同店には平成24年以降、1万人超の客が訪れ、約2億8千万円を売り上げていたという。

 同隊によると、永井容疑者は大手求人サイトで「大阪情報入力センター」を名乗り、時給1500~2700円で事務職を募集。これに応募してきた被害女性と同店で面接し、「入力作業はやめた方がいい。メンズエステならすぐに採用できる」などと約1時間にわたり説得したという。女性3人のうち2人には、性的なサービスを行うことは伝えていなかった。

 府警は9月29日に永井容疑者と従業員の女1人を風営法違反(禁止地域営業)容疑で逮捕していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ