PR

産経WEST 産経WEST

【ビブリオエッセー】歌謡曲の時代も今は遠く 「阿久悠と松本隆」中川右介(朝日新書)

 70年代の幕開けとなる「世界の国からこんにちは」はその少し前から三波春夫さんらが歌う大阪万博のテーマソングだった。みんなが歌える曲が巷にあふれていた。2回目の大阪万博は誰が歌うのか。あのころ、レコード大賞や紅白が楽しみで歌謡曲が生活の一部だった。

 翌71年のヒット曲、尾崎紀世彦さんが歌った「また逢う日まで」も懐かしい。その作曲家が亡くなった筒美京平さんだ。作詞は阿久悠さんだった。歌謡曲の時代に思いをはせながらこの本を再読した。もちろん今の若者にとっての心に残る曲は少なくないだろうが、「国民的」とまではいくまい。娘の好きなあいみょんも、私にはほとんどわからない。

 この本はその70年代を中心に、阿久悠と松本隆という二人の天才作詞家の足跡を、時代をつくったヒット曲の数々とともにたどっている。つくづく心にしみる歌詞だった。本書によると筒美さんとのコンビでの曲数は松本が2番目、阿久は3番目に多いそうだ。

 私にとって阿久悠といえば最初に頭に浮かぶのは77年の「津軽海峡・冬景色」。「上野発の~」は、冒頭を聞くだけで美しい日本の冬が目の前に浮かぶ。私たちを歌の世界から絵の世界に引き込んだ天才だったと思う。

 その前年の76年は阿久悠が「北の宿から」、松本隆は「木綿のハンカチーフ」が大ヒット。本書では歌詞から「セーターとハンカチーフ」と表題がついているが、そうか、同じ年だったのか。とりわけ私は男女の掛け合いをひとりで歌った太田裕美の歌唱力に驚き、魅了された。恋人よ ぼくは旅立つ-と男。次に、いいえ あなた-と女を歌う。私にとって、これほど思いのこもった曲はない。そして80年代、松田聖子の登場で松本の時代がやってくる。

 京都市南区 池上博 61

 【ビブリオ・エッセー募集要項】本に関するエッセーを募集しています。応募作品のなかから、産経新聞スタッフが選定し、月~土曜日の夕刊1面に掲載しています。どうか「あなたの一冊」を教えてください。

 投稿はペンネーム可。600字程度で住所、氏名、年齢と電話番号を明記し、〒556-8661産経新聞「ビブリオエッセー」事務局まで。メールはbiblio@sankei.co.jp。題材となる本は流通している書籍に限り、絵本、漫画も含みます。採用の方のみ連絡、原稿は返却しません。二重投稿はお断りします。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ