PR

産経WEST 産経WEST

「改竄経緯をファイルで管理」元上司の音声データ提出 近財局職員自殺訴訟

 学校法人「森友学園」をめぐる決裁文書の改竄(かいざん)問題で、財務省近畿財務局職員の赤木俊夫さん=当時(54)=が自殺したのは理財局長だった佐川宣寿氏らに改竄を強制されたことが原因として、妻の雅子さん(49)が国と佐川氏に計約1億1260万円の損害賠償を求めた訴訟の第2回口頭弁論が14日、大阪地裁(中尾彰裁判長)で開かれた。原告側は、改竄の経緯を赤木さんがファイリングしていたと説明する元上司の音声データを提出。地裁は今後、協議の上で証拠として採用するかどうかを決める。

 原告側によると、雅子さんは昨年3月、俊夫さんとともに国有地売却を担当した直属の元上司と面会し会話の内容を記録していた。

 それによると、元上司は改竄の経緯や本省側とのやり取りを記した資料を俊夫さんがファイルで管理していたと説明。「追い詰められ少しでも作業量を減らすために(改竄を)やった」「赤木さんは涙を流しながら抵抗していた。僕自身も抵抗したけど止めきれなかった」と謝罪を交えながら当時の状況を伝えた。

 また、国有地売却に絡む安倍晋三前首相側の関与について、元上司は「あの人らに言われて(売却額を)減額するとか、そういうようなことは一切ない」と説明している。

 原告側は国に対し、赤木さん作成のファイルを法廷に提出するよう求め続けているが、国側は「回答の必要がない」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ