PR

産経WEST 産経WEST

兵庫県、災害ボランティアに事前PCR検査 全国初 

 被災地支援のために現地入りする災害ボランティアから新型コロナウイルスの感染が広がるのを防ぐため、兵庫県は12日、ボランティア希望者に対して事前に公的機関でPCR検査を行い、検査費の半額を補助すると発表した。全国初の試みといい、派遣に合わせて陰性証明書も発行する。

 同県によると、対象となるのは、県の外郭団体「ひょうごボランタリープラザ」(神戸市)が集約して現地に送り出す災害ボランティア。唾液などの検体を採取後、県立健康科学研究所(同県加古川市)がPCR検査を実施し、陰性ならば派遣先への証明とする。検査費は1人2千円程度。

 新型コロナの感染が拡大して以降、感染リスクを抑えながら、ボランティア派遣のニーズにどう応えるかが課題となっていた。今夏に豪雨被害に見舞われた熊本県の被災地では、ボランティアを同県内在住者に限定した経緯もあった。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ