PR

産経WEST 産経WEST

興福寺に室生米と歌を奉納 奈良・宇陀市の合唱団

米と歌を奉納する荒井敦子さんとメンバーら=奈良市の興福寺東金堂
米と歌を奉納する荒井敦子さんとメンバーら=奈良市の興福寺東金堂

 「音楽と食」をテーマに奈良県宇陀市室生で活動する合唱団「音楽の森むろうコーラス」のメンバーらが奈良市の興福寺東金堂を参拝し、自分たちで栽培した室生米を奉納した。

 宇陀市室生は興福寺の荘園があったことなどから、NPO法人・音楽の森理事長の荒井敦子さんが代表を務める同合唱団のメンバーらが米を栽培。平成27年から奉納しており、今年で6回目を数える。

 今月1日、60~80歳代のメンバーらが同寺を訪れ、米計90キロを奉納。荒井さんが作詞した「ふるさとのお米」や「生きること」などのオリジナル曲を高らかに歌った。

 荒井さんは「米は日本人にとって文化そのもの。今年も無事に収穫できたことをお寺にご報告できるのは誇りです」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ