PR

産経WEST 産経WEST

金塊5・5億円分密輸疑い 中国籍の男ら逮捕 大阪府警

 金塊約120キロ(約5億5千万円相当)を中国から密輸しようとしたとして、大阪府警国際捜査課が関税法違反などの疑いで、いずれも中国籍で、東京都目黒区の会社役員、崔(ツイ)元均(ユエンジュン)(36)と大阪府泉佐野市の会社員、楊(ヤン)雷(レイ)(39)の両容疑者ら男5人を逮捕していたことが7日、同課への取材でわかった。いずれも容疑を否認している。

 逮捕容疑は共謀し、昨年5月、中国・上海から関西国際空港に航空貨物便で金塊約120キロを密輸し、消費税など計約4300万円の支払いを免れようとしたなどとしている。

 同課によると、楊容疑者は、輸出入時に税関に荷物の中身の申告といった手続きを行う「通関士」。金塊は段ボール9箱に分けて入れられていたが、楊容疑者は中身について、崔容疑者が経営する貿易会社を通じて輸入したかばんと虚偽の申告をしていた。

 府警は消費税がかからない海外で金を購入して密輸し、日本で消費税分を上乗せてして売却して「利ざや」を得ようとしたとみて、詳しい経緯を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ