PR

産経WEST 産経WEST

近大学生一気飲み死、大学など争う姿勢 大阪地裁で初弁論

 平成29年12月に近畿大2年の登森(ともり)勇斗(はやと)さん=当時(20)=がテニスサークルの飲み会で酒の一気飲み後に死亡したのは、周りの学生らが適切な救護措置を取らなかったのが原因として、両親が学生ら18人と大学に計約1億500万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が7日、大阪地裁(井上直哉裁判長)で開かれた。被告側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

 原告の両親は意見陳述で「救急搬送していれば命は助かった。怠った結果、勇斗の命は絶えた。2度と起きないよう責任を追及したい」と訴えた。

 事故をめぐっては、大阪府警が昨年5月、当時の学生ら12人を保護責任者遺棄致死容疑で書類送検。9人が過失致死罪で略式起訴され大阪簡裁は罰金30万~50万円の略式命令を出した。

 学生らは府警などの調べに、救急車を呼ばなかった理由について「登森さんが未成年だったらサークルがつぶれたり、処分を受けたりするかもしれないと考えた」などと説明した。

 近大は今年2月、検証チームの報告書を公表。コールを伴う一気飲みがあったと認定した一方、酒を無理やり飲ませた事実は確認できなかったとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ