PR

産経WEST 産経WEST

犯行前日にトラブル、解雇か 被害女性が警察に相談 神戸ヤマト運輸刺殺事件

 神戸市北区のヤマト運輸の集配所に男が押し入り、従業員の男女2人が死傷した事件で、この集配所の元パート従業員、筧(かけい)真一容疑者(46)=公務執行妨害容疑で逮捕=が、負傷した男性従業員(60)と前日にトラブルになり、死亡した女性従業員が県警に相談していたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。筧容疑者はこのトラブルを機に前日に退職させられたとみられる。

 筧容疑者は県警の調べに「解雇されて腹が立った」と供述。県警は筧容疑者がトラブルをめぐる会社の処分に不満を募らせ、それに関係した女性らを襲った疑いがあるとみて動機を詳しく調べる。

 県警は同日、死亡した女性について、同区鈴蘭台西町の集配所のパート従業員、広野真由美さん(47)と明らかにした。

 捜査関係者によると、筧容疑者は犯行前日の5日午前、職場内で男性従業員とトラブルになった。死亡した広野さんは2人の仲裁に入り、会社の指示で同日昼にトラブルについて県警に相談。その際に「(筧容疑者の)振り払った手が私の体に当たった。そのことで会社から署に被害届を出すように言われたが、私に向けた暴力ではなく、被害届を出したくない」と話していたという。

 県警によると、筧容疑者は6日午前4時頃、ヤマト運輸の「神戸北鈴蘭台センター」(神戸市北区)で、広野さんの腹部などを刃物で数回刺して殺害。別の刃物で前日にトラブルになった男性従業員にもけがを負わせ、現場にあった車で敷地内を暴走し、自身の車に乗り換え逃走した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ