PR

産経WEST 産経WEST

バスにクラクション、あおり運転容疑で書類送検 三重

 三重県志摩市ですれ違った路線バスを約2・6キロにわたって追い掛け、執拗(しつよう)にクラクションを鳴らし進行を妨害したとして、三重県警鳥羽署は5日、道交法違反(あおり運転)の疑いで、同市志摩町の無職の男性(50)を書類送検した。

 書類送検容疑は7月1日午後8時ごろ、同市志摩町越賀の市道と国道260号で、前を走る男性会社員(37)の大型バスに対し、パッシングやクラクションを繰り返しながら対向車線にはみ出して並走し、バスを停止させるなどした疑い。

 鳥羽署によるとバスは回送中で客は乗っていなかった。「(狭い道で)バスとすれ違う際に進路を譲ったが、会釈がなく文句を言いたかったので(引き返して)追いかけて止めた」と容疑を認めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ