PR

産経WEST 産経WEST

「エヴァ電車」運行開始 京都・嵐電

エヴァンゲリオン初号機のラッピングを施した嵐電=30日、京都市右京区(永田直也撮影)
エヴァンゲリオン初号機のラッピングを施した嵐電=30日、京都市右京区(永田直也撮影)

 京都・嵐山などを走る京福電気鉄道(通称・嵐電)は30日、東映太秦映画村(京都市右京区)で3日に人気アニメをテーマにした新アトラクション「エヴァンゲリオン京都基地」がオープンするのに合わせ、エヴァンゲリオン初号機をモチーフにしたラッピング電車の運行を始めた。

 ラッピングは嵐山本線と北野線を走る2両に実施。嵐電オリジナルの車体カラーが「京紫」と呼ばれる落ち着いた紫色で、エヴァンゲリオン初号機の紫色に似ていることから、元の車体の色を活かしながら、細部を黒や緑の色をラッピングで表現している。

 来月2日までは「プレ運行期間」としてヘッドマークなしで運行。3日以降は「エヴァンゲリオンシリーズ25周年記念」のヘッドマークを装着し、12月20日までの運行を予定している。

 京福電鉄の担当者は「新型コロナウイルスの影響で大変な時期もありましたが、秋の行楽シーズンにこの電車で楽しんでほっとしていただければ」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ