PR

産経WEST 産経WEST

大阪知事「改革理解、大きなプラス」維新関係者は都構想期待

吉村洋文知事=16日、大阪府庁(前川純一郎撮影)
吉村洋文知事=16日、大阪府庁(前川純一郎撮影)

 菅義偉政権の発足は、菅首相と良好な関係を築いてきた大阪維新の会(松井一郎代表)にとって追い風となりそうだ。維新代表代行の吉村洋文大阪府知事は16日、「大阪が進める改革を理解している菅氏が首相になったことはものすごく大きなプラスだ」と語った。

 官房長官時代、維新が掲げる大阪都構想に理解を示した菅首相。維新関係者からは「改革の精神は共通する」(大阪市議)、「都構想実現後、国が制度移行を後押ししてくれるという安心感につながる」(府議)と歓迎する声が聞かれた。

 吉村氏が閣僚の中で「一番期待している」と推したのが、行政改革・規制改革担当相に就いた河野太郎氏だ。「菅首相は自民党総裁選のときから規制改革を明言し、一丁目一番地の公約でもある。発信力のある河野氏が省庁の縦割りを排除し、新たなものを打ち出してほしい」と述べた。

 また吉村氏は、新設された2025年大阪・関西万博の担当相に就任した井上信治氏に「(50歳という)若さで新しい万博を引っ張ってもらいたい」と期待を寄せながら、「東京選出の国会議員である井上氏が音頭を取り、日本万博として盛り上げてほしい」と訴えた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ