PR

産経WEST 産経WEST

背中まで伸びた髪の毛を丸刈り 逮捕の父親「しつけ」

兵庫県警本部
兵庫県警本部

 神戸市で小学6年の長女(11)の頭髪をバリカンで刈ったとして父親が逮捕された事件で、長女がアタッチメントを装着していないバリカンで丸刈りにされていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。父親は兵庫県警の調べに「言うことを聞かなかったので、しつけのためにやった」などと供述しているという。県警は日常的に長女への虐待が行われていた疑いもあるとみて捜査している。

 暴行と傷害の容疑で逮捕されたのは、同市垂水区の塗装業の男(34)。

 捜査関係者によると、長女は背中あたりまで髪の毛があったが、容疑者にバリカンで刈られ、ほぼ頭髪がない状態にされたという。

 暴行後の8月中旬、容疑者の妻が「長女が家出をした」と県警に相談。警察官が自宅のある垂水区内で長女を発見した際、丸刈りで目にあざがあったことから被害が発覚した。長女は現在、神戸市内の児童相談所で保護されている。

 逮捕容疑は8月4日午後10時50分~5日午前1時までの間、自宅で長女を丸刈りにしたほか、同月上旬に顔を蹴るなどしたとしている。長女は眼底骨折するなどの重傷を負った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ