PR

産経WEST 産経WEST

柿渋でコロナ不活化? 奈良県立医大が発表

実験に使われた柿渋の粉末=奈良県橿原市
実験に使われた柿渋の粉末=奈良県橿原市
その他の写真を見る(1/2枚)

 奈良県立医科大学(同県橿原市)などは15日、渋柿を砕き発酵させた「柿渋」に、新型コロナウイルスの感染力をなくす効果があるとの実験結果を発表した。基礎研究段階で、人での効果は未確認だが、一定濃度の柿渋を使ったアメやガムで口からの感染予防が期待できるとして、同大は製品化する企業を公募する。

 実験は同大の伊藤利洋(免疫学)、矢野寿一(微生物感染症学)両教授らの研究グループが実施。試験管内で新型コロナウイルスと唾液を混ぜたうえで柿渋を添加し、ウイルスが細胞に侵入する能力の変化を調べた。その結果、一定の濃度を超えると感染力を持つウイルスが1万分の1以下にまで減少することが分かったという。

 研究グループは「口の中に近い環境で検証したので、効果が期待できる」と説明。ただ、「柿を普通に食べるだけでは効果がない」とも強調し、細井裕司理事長は「世界に向けて早急に提供することが重要。数カ月以内に製品化したい」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ