PR

産経WEST 産経WEST

被害4億円超か コロナ給付金詐欺容疑で男2人逮捕 

京都府警本部
京都府警本部

 新型コロナウイルスの国の持続化給付金100万円をだまし取ったとして、京都府警は9日、詐欺容疑で滋賀県守山市水保町の会社員、仙波大督(だいすけ)(28)と京都市左京区和国町の会社員、久保田純(32)の両容疑者を逮捕した。捜査関係者によると、2人は不正受給を繰り返して計4億円超をだまし取った可能性があるという。

 逮捕容疑は共謀し、5月21日~6月9日ごろ、同市北区の知人男性(36)の事業収入が減少したように偽造した確定申告書などを作成しインターネットで持続化給付金を申請、男性の口座に100万円を振り込ませてだまし取ったとしている。府警は2人の認否を明らかにしていない。

 持続化給付金は、新型コロナの影響で収入が前年同月比で半減した個人事業主に対し、国が最大100万円を支給するもの。府警によると、男性は個人事業主ではなくパート従業員だった。

 仙波容疑者が虚偽の書類の作成などを行い、久保田容疑者が申請名義を集めるリクルーター役だったとみられている。捜査関係者によると、申請に関連して2人に名義を貸したという複数の相談が府警に寄せられていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ