PR

産経WEST 産経WEST

コロナ予防もずやんが手本、堺の商店街に啓発キャラバン

 新型コロナウイルスの感染予防を呼びかけるキャラバン隊が4日、堺市堺区の堺銀座商店街で啓発活動を行った。感染拡大により売り上げが落ち込むなどのダメージを受けた商店街を元気づけるため、大阪府内107カ所の商店街で展開される「商店街感染症対策等支援事業」の一環。この日は、府の広報担当副知事「もずやん」が率いるキャラバン隊が、買い物客らにうがいや手洗いなどを徹底するよう呼びかけた。

うちわを配って感染予防をよびかける「もずやん」=堺市堺区の堺銀座商店街
うちわを配って感染予防をよびかける「もずやん」=堺市堺区の堺銀座商店街

 事業は、各商店街が進める「安心して利用してもらえる環境づくり」を支援するほか、テークアウトやデリバリー▽スマートフォンなどによるキャッシュレス決済▽PRや新事業に向けたクラウドファンディング-といった顧客を呼び戻す新たな仕掛けを応援。キャラバン隊による感染予防呼びかけは、「堺銀座」のほか約10カ所の商店街でも実施される。

 キャラバン隊のもずやんは、特大のマスクとフェースシールドを装着し、メンバーの府職員らとはソーシャルディスタンスを保ちながら登場。商店街を歩く人たちに、「手洗いうがいをしましょう」「人との距離をあけよう」などと記されたうちわを配るなどして、感染防止対策の実践を呼びかけた。

 府商業・サービス産業課の担当者は「商店街は買い物だけでなく地域のコミュニティでもあるので、安心して買い物に来てもらえるように繰り返し感染予防について啓発していくことが重要」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ