PR

産経WEST 産経WEST

マスク転売で罰金20万円 タピオカ店元経営者

 神戸市のタピオカドリンク店で、新型コロナウイルス感染拡大で品薄になったマスクをドリンクと抱き合わせて高額転売したとして、神戸区検は3日までに、国民生活安定緊急措置法施行令違反の罪で、元経営者の男性(22)を略式起訴した。8月21日付。神戸簡裁は同24日付で、罰金20万円の略式命令を出した。

 兵庫県警が7月、大阪市の家電量販店などで数百円の箱マスクを買い、店でドリンクと合わせて5千円前後で販売したとして、男性や徳島県に住む両親ら計4人を書類送検していた。両親ら3人は不起訴処分となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ