PR

産経WEST 産経WEST

浸水推定、情報収集…災害多発時代にAIが助かる命を増やす

 想定外の事態が相次ぐ「災害多発時代」。甚大な被害が広範囲に及び、インフラ整備だけでは対応に限界があることが、これまで災害に襲われた各地の被害状況から明らかになっている。そうした中で注目を集めているのが、人工知能(AI)をはじめとした先端技術だ。7月の九州豪雨でも、被災地の状況を把握するために取り入れられた。果たしてその効果は-。(江森梓)

AIで作業時間短縮

 7月3日夜から翌4日朝にかけて、九州地方で局地的に猛烈な雨が降った九州豪雨。国土地理院は発災からまもない4日午後1時には、被災地の浸水状況を示す「浸水推定図」をホームページ上に公表していた。迅速な対応に一役買ったのが、情報解析会社「スペクティ」(東京)のAIを使った解析技術だ。

 救助計画の立案や避難所の準備などに利用される浸水推定図だが、従来は国土地理院の職員が手作業でインターネット上のSNS(会員制交流サイト)などから収集した被災地の画像や動画をもとに作成されていた。

 だが、今回から情報収集にAIを導入した。SNS上で発信される情報の中にはデマもあるが、AIを使えば、投稿された画像が過去に他の投稿などでも使い回しされているものかどうかを調べるなどして、真偽を見極めることができる。

 これにより、「余計な情報が淘汰(とうた)されて手間が省けた」と国土地理院担当者。スペクティの創業者で最高経営責任者(CEO)の村上建治郎氏は「情報収集のスピードを速めることで、助かる命が増える」と強調する。

情報、都市集中の課題も

 AIによる解析技術開発のきっかけは、平成23年の東日本大震災だ。当時テレビや新聞では「ボランティアが多すぎて困っている」と報じられていたが、実際に村上氏がボランティアで被災地を訪れてみると、まったく人手が足りていない避難所もあった。一方で、SNSをみると「物資が足りていない」との声もあった。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ