PR

産経WEST 産経WEST

【紀伊半島豪雨9年】「復興を記憶にとどめる場に」土砂崩れ跡地に600本植樹

土砂崩れ跡地に植樹したサクラのそばに立つ元区長の谷口順一さん(左)と区長の宮永昌幸さん=和歌山県田辺市伏菟野
土砂崩れ跡地に植樹したサクラのそばに立つ元区長の谷口順一さん(左)と区長の宮永昌幸さん=和歌山県田辺市伏菟野

 平成23年9月の紀伊半島豪雨から9年。大規模な土砂崩れが起き、5人が犠牲になった和歌山県田辺市伏菟野(ふどの)地区では、住民たちが豪雨の3年後から土砂崩れ跡地にサクラとモミジを植え始め、今年作業がほぼ終了。木々は計約600本にまで増えた。元区長の谷口順一さん(71)は「災害から復興したことを記憶にとどめる場所にし、将来は公園にしたい」と夢を語る。(張英壽)

 県や市によると、地区では23年9月4日午前1時前に土砂崩れが発生。岩盤ごと崩れる「深層崩壊」が起き、長さ約210メートル、幅約130メートルの規模で崩れた。複数の住宅が土砂に巻き込まれ、5人が死亡した。

 当時区長だった谷口さんは「木とともに地面が流れていった。その光景は忘れられない」と話す。避難所では住民の人数を確認し、濡れた服の代わりとなる衣類を提供。「当時はとにかく必死だった」と振り返る。

 土砂崩れ跡地は、県が24年2月から復旧工事を開始。山肌にコンクリートが吹き付けられ、27年3月に完了した。この年の4月には現場近くに「災害復興記念碑」が除幕された。

 復旧工事で山肌が日々整地されていくのを見ていた谷口さんは「復興した証として何かできないか」と考えるようになった。

 「復興した土砂崩れ跡地を人々が憩える場にできないか。サクラとモミジを植えれば、春は花見、秋はモミジ狩りを楽しめる。そうすれば、災害が起きたことと復興したことを住民の記憶にとどめておける」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ