PR

産経WEST 産経WEST

納豆嫌いトップの和歌山に変化…じわり浸透、給食に出ることも

前のニュース

和歌山県メーカーの納豆。うまみの元の粘りは十分
和歌山県メーカーの納豆。うまみの元の粘りは十分
その他の写真を見る(1/3枚)

 「お金をやると言われても、食べられない」。和歌山県民は大の納豆嫌いで知られる。県都・和歌山市の納豆消費の少なさは突出しており、2月に総務省が発表した昨年の家計調査では、1世帯あたりの支出額は和歌山市が全国52都市の中で最下位。過去13回の調査でも8回にわたり最低を記録している。ただ、ここ30年の長い期間で見ると、支出額は倍増しており、じわじわ浸透してきているともいえる。

(張英壽)

全国で突出した低さ

 総務省が毎年実施する家計調査では、1世帯あたり(2人以上)の納豆に対する年間の支出額も調査。昨年は都道府県庁所在地と政令指定都市の計52都市のうち、和歌山市が最下位の2190円で、2番目に低い大阪市より319円も低かった。次いで神戸市(2614円)、京都市・高松市(いずれも2822円)、那覇市(2962円)の順で少なく、近畿や四国の都市などが下位5位に入っている。

 一方、支出額が高いのは、福島市が6785円とトップで、和歌山市とは3倍以上の開きがある。「水戸納豆」で知られる水戸市は2位の6647円。3位以下は盛岡市(6399円)、山形市(6281円)、長野市(5934円)と続き、上位は東北など東日本の都市だ。

 平成19年以降の家計調査を調べると、和歌山市は20、21、22、23、26、27、28の各年が最低で、昨年と合わせると最下位が8回。19年以降、他都市が最下位になった回数は大阪市が2回、高知市が1回、高松市が1回、徳島市が1回で、和歌山市が突出している。

街頭では「好き」も

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ