PR

産経WEST 産経WEST

女子中高生を「最低報酬6万円」で透ける水着モデルに 容疑の男書類送検

大阪府警本部
大阪府警本部

 女子中高生4人に透ける水着を着させて撮影したなどとして、大阪府警少年課などは27日、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造など)の疑いで、東京都内に住む自営業の男(53)を書類送検した。容疑を認め、「低年齢のアイドルと水着が好きなので撮影した」と供述している。

 同課によると、男はSNS(会員制交流サイト)に、水着写真のモデルという名目で「最低6万円以上、最高14万円の謝礼額」などと投稿して募集。被害に遭った4人のうち1人の女子高生は、複数回の撮影やみだらな行為を受けた報酬として、「男から160万円もらった」と話しているという。

 書類送検容疑は昨年8~9月、大阪府内のホテルなどで、女子中学生や高校生4人に対し、全裸や水にぬれると透ける水着を着用させ、デジタルカメラでその姿を撮影したほか、このうち1人にはみだらな行為をしたとしている。被害者が通う中学校から昨秋、相談を受けて捜査していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ