PR

産経WEST 産経WEST

「京都芸術大」名称使用差し止め訴訟、「京都市立芸術大」の訴え棄却 大阪地裁

京都造形芸術大から名称変更した京都芸術大=京都市左京区(桑村大撮影)
京都造形芸術大から名称変更した京都芸術大=京都市左京区(桑村大撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 京都造形芸術大から校名変更した「京都芸術大」(同市左京区)の名称は、市民らの混乱を招き不正競争行為にあたるとして、京都市立芸術大(同市西京区)が名称の使用差し止めを求めた訴訟の判決が27日、大阪地裁であり、杉浦正樹裁判長は「(両大の名称が)類似するものということはできない」として、市立芸大側の訴えを棄却した。

 造形芸大を運営する学校法人瓜生山(うりゅうやま)学園は令和3年に開学30年を迎えることに合わせ、今年4月に校名を京都芸術大に変更。これに対し市立芸大側は長年の活動や卒業生の活躍で、「京都芸術大」は市立芸大を指し示すものであり、不正競争防止法の著名表示にあたると主張し、受験生や市民の混乱を招くと訴えていた。

 判決理由で杉浦裁判長は、市立芸大を指す表示として「京都芸術大」は著名なものや周知のものとはいえず、不正競争防止法には抵触しないと指摘。その上で大学の名称が一部でも異なれば、「(受験生らが)類似のものとして受け取る恐れがあるとはいえない」と結論づけた。

 市立芸大は今年8月、校名を商標登録し、「京都芸術大」の名称使用は商標権の侵害に当たるとして、名称の使用差し止めを求める仮処分も大阪地裁に申し立てている。

 判決を受け、瓜生山学園は「本学の主張の正当性が認められた結果であると考えている」。市立芸大は「誠に残念。今後の対応は判決文の内容を精査した上で検討する」とそれぞれホームページでコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ