PR

産経WEST 産経WEST

ZOOMで讃岐うどんツアー 自宅に詰め合わせ届き満喫

 初日の8月21日は、7人が約2時間のツアーに参加した。多田さんは「オンラインは普段と勝手が違ったが、みなさんの反応を見ながら案内するよう心掛けた」。薬味だけでなく、県内のうどん店には欠かせないおでんを用意し、うどん店巡りの雰囲気を満喫する参加者もいたという。

 専任ドライバーならではのおすすめポイントを多田さんに聞いた。山越うどんは釜玉うどん発祥の店とされ、広い庭が特徴。「好きな場所で食べることができる。セルフ式なのも観光客に喜ばれる」と話す。

 一方、うどんの館 大庄屋は昼のわずかな時間にうどんを販売することで有名といい「レア感がある」と多田さん。参加者に届くのも同社のうどんだ。

 新型コロナの流行の収束時期は見通せず、かつてのようなにぎわいが戻るのは当分先になりそうだ。琴平バスは「うどん店や観光スポットを変えながら、オンラインのツアーを続けていきたい」としている。

 オンラインツアーは定員15人。旅行代金は1人4980円(うどん3玉、卵6個、だししょうゆ、イリコなどを含む)。問い合わせ・予約は、琴平バス(電話087・823・5678)、または同社ウェブサイト(https://www.kotobus-tour.jp)。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ