PR

産経WEST 産経WEST

JR西、来春から終電繰り上げ実施へ

記者会見するJR西日本の長谷川一明社長=26日午後、大阪市
記者会見するJR西日本の長谷川一明社長=26日午後、大阪市

 JR西日本は26日、近畿エリアの主要在来線の最終電車の時間を来春のダイヤ改正で、10~30分程度繰り上げると発表した。線路のメンテナンスを行う作業員の労働環境を改善する狙い。「働き方改革」を目的とした終電の繰り上げは、JRグループでは初めて。

 JR西によると、終電の繰り上げに伴い1日当たり約50本の電車を削減する見通し。主要私鉄の終電や東京発の最終新幹線と接続する電車は可能な限り残すとしており、具体的な時刻は9月に公表する予定。

 夜間に線路のメンテナンスを行う作業員は急速に減少。終電の繰り上げによって始発までの作業時間が増え作業効率が上がる見通しで、休日を取りやすい労働環境を整え、働き手の確保につなげたい考えだ。

 さらに、深夜帯の利用客が減少傾向にあることも背景にあり、新型コロナウイルス感染拡大後は、その傾向が顕著になっていた。繰り上げの影響を受ける自治体には既に説明しているという。

 また、JR西は今年1月と7月、利用客にインターネット上でアンケートを実施。終電の繰り上げに反対の意向を示したのは全体の2~3割だったが、「私鉄と同じ時間ぐらいまでの運行」「最終新幹線から自宅にほぼ帰れる」などの条件をつけた場合は、1割未満に減ったという。

 会見した長谷川一明社長は「働き手の確保は難しい問題で、将来にわたり持続的な鉄道運営ができるよう取り組みたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ